レッスンの特徴 Concept

レッスン風景01

音楽を通して情操教育を学び
人生を豊かなものになる様、楽しくお手伝いし、
一人一人のご希望に応じた個人レッスンを致しております。

ご挨拶や礼儀が自然につきます。

レッスン風景02

幼児期が一番重要で
レールの上にのる迄が、
指導者にとって腕の見せ所となってまいります。

長年の経験や、ヤマハの研修、自分自身の研究で良いところを取り入れ、
オリジナルの教材を作り、小さいお子様には連絡ノートに
レッスンの進み具合が良くわかる様にしております。

レッスン風景03

絶対音感の訓練は、
医学的に3~4才から6~7才頃に効果があり、
将来的に英語のヒアリングにも役に立って来ますので、
通うだけで自然に身につける事ができ、
特殊な研修を受けた先生だけができます。

適期教育 Timely education

レッスン風景04

人間の身体の耳・指先・声の発達する
時期に合わせ適切な時期に教育する事により
自然に上達への道が開けてきます。

レッスン風景05

★ 幼児期
3~4才から6~7才頃に耳が発達しますので、
絶対音感は、訓練で身につけられます。
(個人差はありますが、年中から始めると効果が良い)
単音を識別するだけでなく
和音も識別でき、フレーズ感、リズム感等を養う迄に発展し、
絶対音感のついている人は、上達が速くなります。

レッスン風景06

★ 小学1~4年生頃
指先が発達しますので、指のトレーニングをしながら
色んな曲を弾き、だんだん素敵な曲が弾ける様になってきます。

レッスン風景07

レッスン風景08

★ 小学5年生~中学生以上
声が成長し音程は、しっかりついて歌える様になり、
どんどん難しい曲にチャレンジしたくなり、
自信がついてきます。

レッスン風景09

発表会当日の演奏 ②

  1. エリーゼの為に〈ソロ〉―ベートーベン―
  2. メアリと魔女の花より「RAIN」〈連弾〉
    連弾はトップページの連弾でご覧下さい
  • エリーゼの為に〈ソロ〉―ベートーベン―
  • メアリと魔女の花より「RAIN」〈連弾〉
    連弾はトップページの連弾でご覧下さい

発表会当日の演奏 ①

  1. 英雄ポロネーズ〈連弾〉(省略)
  2. 情熱大陸〈ピアノ&エレクトーン〉
  • 英雄ポロネーズ〈連弾〉(省略)
  • 情熱大陸〈ピアノ&エレクトーン〉

レッスン室で発表会の演奏 ②

  • ワルツロ短調 o.p. 69-2 ―ショパン―

レッスン室で発表会の演奏 ①

  • エリーゼの為に ―ベートーベン―